大和ハウス/埼玉県坂戸市に17.8万m2のマルチテナント型物流施設着工

2017年12月18日 

大和ハウス工業は12月18日、埼玉県坂戸市に延床面積17万8711m2の同社最大の大型マルチテナント型物流施設「DPL坂戸」を着工した。

<DPL坂戸外観イメージ>
DPL坂戸外観イメージ

<位置図>2

DPL坂戸」は、関越自動車道坂戸西スマートICから約100m、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の鶴ヶ島JCTからも5㎞と近接しており、首都圏向けの物流集約施設としてだけではなく、東日本全域にアクセスできる場所に位置し、中継物流施設としての機能も併せ持つ。

施設は1フロア6テナント、計24テナントの入居が可能で、約4400m2の区画から入居できる。各区画に事務所を設置することもできるなど、テナント企業のさまざまなニーズに対応することが可能。

さらに、45フィートコンテナ車が各階に直接乗り入れることができる、らせん状のランプウェイを2基(ダブルランプウェイ)採用し、施設全体で256台のトラックバースも用意。テナント企業の作業効率を最大限に高めた物流オペレーションの提案が可能な物流施設としている。

<託児所(イメージ)>
託児所(イメージ)

<カフェテリア(イメージ)>
カフェテリア(イメージ)

<免震システム(イメージ)>
免震システム(イメージ)

アメニティ面では、テナント企業の従業員の労働環境整備の一環として、託児所やカフェテリア、コンビニエンスストア、休憩スペースを設置する。

従業員の通勤支援として、東武東上線・越生線の坂戸駅との間で、バスを運行する予定。

併せて、従業員約1000人が雇用されることを想定し、普通乗用車700台、自動二輪車約100台、自転車100台の駐車場・駐輪場も用意した。

BCP対策では、万が一地震が発生しても荷物や設備のダメージを最小限に抑え、建物の機能を維持し、従業員に安全・安心を提供できるようにオリジナル免震装置「DKB弾性すべり免震支承」を配置する杭頭免震工法を導入した。

このシステムにより、揺れを最大で7分の1に軽減することで上層階の荷崩れを防ぎ、短時間で事業が再開できるようサポートする。

なお、坂戸都市計画事業入西東部土地区画整理事業内の計4街区(総敷地面積:約11万7000m2)で、4棟のBTS型物流施設を順次建設する予定だ。

<大和ハウス工業の浦川竜哉常務執行役員>

大和ハウス工業の浦川竜哉常務執行役員は「この土地は農地区画整理で取得した土地。物流適地は時間をかけて開発しないと、良い土地はほとんど残っていない。総工費は土地・建物合わせて約400億円。この施設のポイントは4点。埼玉県最大、当社最大の物流施設で、ICから約100mの至近距離。テナント従業員が働きやすいアメニティの充実、BCP対策での免震システムの採用を図った先進物流施設だ」と話した。

■DPL坂戸の概要
所在地:埼玉県坂戸市入西東部土地区画整理事業地内1街区1、2、3-1
交通:関越自動車道坂戸西スマートICから約100m
   圏央道鶴ヶ島JCTから約5㎞
敷地面積:8万8565m2
延床面積:17万8711m2
     1フロアの賃貸面積は約3万8000m2
構造・規模:PCaPC造一部S造 地上4階建て
設計・施工:大和ハウス工業
着工日:2017年12月18日
竣工日:2020年2月上旬

最新ニュース