竹本容器/倉庫併設の生産棟を増設

2017年12月18日 

竹本容器は12月18日、岡山県勝田郡奈義町の岡山事業所敷地内に新たな生産棟の増設を決めた。

2023年以降に第2期工事着工を予定していたが、包装容器全般の需要状況を鑑み、計画を前倒しして生産施設を増設する。

建設計画は、延床面積約4940m2(生産エリア約3580m2、倉庫エリア約1360m2)の規模で、来年2月着工し、今年8月完成の予定。生産品目はプラスチック製ボトル。

同社は、化粧品、食品、医薬品向けなどにプラスチック製等の包装容器を製造しており、自社で企画・設計を行い金型を自社保有するスタンダードボトルを軸としてお客が必要とする容器を必要な時に必要な数だけ提供する事業活動を展開している。

岡山事業所は昨年10月に設置し、主に食品向け包装容器を生産していた大阪ブロー工場(閉鎖済)を移転して昨年11月より生産を開始していた。

■岡山事業所概要
所在地:岡山県勝田郡奈義町柿502-30
敷地面積:37,999.47m2(今回、新たな敷地の取得はない)
事業所開設:2016年10月1日

最新ニュース