三菱ケミカル/フィルム製品値上げ、物流費上昇も一因

2017年12月15日 

三菱ケミカルは12月15日、一部のフィルム製品について、価格改定を実施すると発表した。

製品の主原料であるポリスチレンやナイロンは、原油・ナフサ等の市況高騰により、価格が上昇している。加えて、物流費や用役費等の諸経費も上昇を避けられない状況にあり、こうしたコストアップ分を自助努力のみで対応することは困難と判断した。

今後も製品の安定供給をするために、価格を改訂する。

最新ニュース

物流用語集