JR貨物/2018年3月ダイヤ改正、関東ー九州間の輸送力増強

2017年12月15日 

日本貨物鉄道(JR貨物)は12月15日、鉄道へのモーダルシフトの加速、顧客の多様なニーズに対応した輸送サービスを提供するため、中長距離区間でコンテナ列車新設や輸送力増強を中心としたダイヤ改正を実施すると発表した。

主な内容は、関西⇔東北間にコンテナ列車を新設、九州⇔関東間で自動車部品輸送を開始、要望の多い関東→九州向けの輸送力増強。

<運転区間と概要図>
運転区間と概要図

関西⇔東北間にコンテナ列車を新設では、関西⇔東北(仙台地区)間に、これまで設定のなかった相互深夜発のコンテナ列車を新設する。主に大手特積事業者の専用として利用してもらうとともに、多様化する顧客のニーズに応えるため、輸送力の一部を提供する。

<運転区間と概要図>
運転区間と概要図

北九州(タ)⇔相模貨物間で自動車部品輸送を開始については、大手自動車メーカーの要望に応え、北九州地区から相模地区への自動車部品と、その返送積付用品の往復輸送を行うため、北九州(タ)⇔相模貨物間に専用の直行輸送力を新設する。

<運転区間>

要望の多い関東→九州向けの輸送力を増強では、積合せ貨物などの輸送需要が非常に強く、鉄道へのモーダルシフトが引き続き旺盛な、京浜地区→九州向けのコンテナ輸送力を増強する(合計25個分の輸送力を増強)。

なお、ダイヤ改正毎に輸送時間の改善に取り組んでいるが、今回のダイヤ改正においても、速達性を重視する区間をはじめとしてコンテナ列車の速達化を行い、更なるリードタイムの短縮を図っている。

最新ニュース