三菱地所、ラサール/東扇島に延床29.7万m2の大型物流施設着工

2017年12月15日 

ラサール不動産投資顧問、三菱地所、NIPPOの3社が共同開発する大型物流施設「ロジポート川崎ベイ」が、12月15日に着工した。

<完成イメージ>
完成イメージ

完成イメージ

竣工は2019年5月31日を予定している。

「ロジポート川崎ベイ」は、ラサール不動産投資顧問、三菱地所、NIPPO の3 社が共同出資する特定目的会社が事業主体となって開発するもので、敷地面積13万4832m2、延床面積29万6798m2の国内最大級の5階建てマルチテナント型物流施設。

川崎市川崎区に立地する施設は、最寄りの首都高速湾岸線の東扇島出入口まで約1.5kmに位置し、大消費地である東京や横浜へのアクセスに優れている。

川崎港の至近に位置し、首都高速湾岸線を経由して各高速道路へのアクセスも良好なことから広域への輸配送もカバーできる物流適地に立地している。

施設の周辺地域が工業専用地域のため24時間稼働が実現でき、機動的な物流オペレーションの構築が可能。2023年度には臨港道路東扇島水江町線が完成する予定で、より一層の交通利便性の向上が期待されている。

建物は、各階の着車を可能にするランプウェイを2基採用。高床倉庫(1~4 階)と低床倉庫(最上階)を整備することで、さまざまなテナントニーズに対応可能だ。

約830坪から分割利用可能。冷凍冷蔵設備対応可能。大型車128台の待機スペース、一般車916台の収容が可能な駐車場を設置予定。全館LED 照明の採用。さらに、太陽光発電設備対応可能で、72時間対応の非常用発電設備を設置する。

<周辺地図>
周辺地図

<拡大図>
拡大図

■施設概要
施設名:ロジポート川崎ベイ
所在地:神奈川県川崎市川崎区東扇島7-1(地番)
敷地面積:13万4832.22 m2
延床面積:29万6798.74 m2
構造・規模:鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄骨造、地上5階建、制震構造
設計監理監修:久米設計
設計施工:大林組
施主:東扇島プロパティー特定目的会社
用途:マルチテナント型物流施設
着工:2017年12月15日
竣工:2019年5月31日(予定)

最新ニュース

物流用語集