ヨコレイ/物流倉庫建設で環境保全優良事業者等大臣表彰を受賞

2017年12月15日 

横浜冷凍(ヨコレイ)は12月15日、「2017年交通関係環境保全優良事業者等大臣表彰」を受賞したと発表した。

<表彰式でヨコレイの吉川俊雄会長(左)、 石井啓一国土交通大臣>

これは、環境に配慮した物流センターを建設することにより、二酸化炭素排出量削減や省エネルギー化を実現するなど、環境保全に関する活動に積極的に取り組んだことが評価されたもの。

2014年7月に竣工した大阪市此花区の夢洲物流センターは、自然冷媒(アンモニア/CO2)を使用した冷却設備、業界最大規模となる屋上太陽光発電システムや、BEMS(Building Energy Management System)など、環境に配慮したさまざまな技術を導入している。

夢洲物流センターの建設の他にも、国内10か所、海外2か所の物流センターの屋上等に設置した太陽光発電システムによる再生可能エネルギーの導入や、フロンガスを使用しない自然冷媒の導入、消費電力を削減する省エネ機器の導入、グリーン経営認証の取得など、数多くの全社的な取組みが評価され、同表彰を受賞したもの。

交通関係環境保全優良事業者等大臣表彰は、国土交通省が「環境保全に関する活動に積極的に取り組み、顕著な功績のあった事業者、事業所、団体」に対し2006年度から実施している。

最新ニュース