SGH財団/SGHがん研究助成の対象研究と特別賞を決定

2017年12月14日 

SGH財団は12月14日、「第29回SGHがん研究助成」の対象とする研究と「第15回SGH特別賞・SGH看護特別賞」の受賞者を発表した。

<授賞式の様子>
授賞式の様子

<栗和田榮一理事長と受賞者の記念撮影の様子>
栗和田榮一理事長と受賞者の記念撮影の様子

財団は、がんの基礎研究と臨床研究に対し助成を行っており、今年度は、全国の研究機関より応募があった総数195件の中から、選考委員会による厳正な審査を行い、がん研究会がん研究所細胞老化プロジェクトプロジェクトリーダーの高橋暁子氏による「がん細胞の転移を制御するSASP様遺伝子発現変化の解析」をはじめとする15件(別紙)に、それぞれ100万円(総額1500万円)を助成することに決定した。

「SGH特別賞」と「SGH看護特別賞」は、がん研究、がん看護の発展に顕著な功績を挙げ、かつ今後の発展が期待される人に対し贈呈しており、今年度の「SGH特別賞」は、京都大学大学院生命科学研究科システム機能学分野教授の井垣達吏氏と、北海道大学大学院医学研究院教授の白土博樹氏の2人に、「SGH看護特別賞」は、医療法人社団新国内科医院 看護師長・がん看護専門看護師の宇野さつき氏と岩手医科大学附属病院高度看護研修センター緩和ケア認定看護師教育課程主任看護師の長澤昌子氏の2人に決定した。

「SGH特別賞」受賞者には、賞金500万円と栗和田榮一賞として彫刻家・笹戸千津子氏作のブロンズ像「希望」が、「SGH看護特別賞」受賞者に対しては、賞金100万円と栗和田榮一賞として彫刻家・笹戸千津子氏作のブロンズ像「悠」がそれぞれに贈られた。

最新ニュース