ラサール他/ロンコ・ジャパン専用物流施設を着工

2017年12月13日 

ラサール不動産投資顧問、NIPPO、三菱UFJリースの3社は12月13日、大阪府堺市において共同で開発するロンコ・ジャパンのBTS型物流施設「プロフィットマート堺」を2018年1月5日に着工すると発表した。

<完成イメージ>
完成イメージ外観

完成イメージ外観

<広域周辺図>
広域周辺図

竣工は2018年8月31日を予定している。

「プロフィットマート堺」は2階建て、延床面積約2万497m2のロンコ・ジャパンの専用物流施設。

施設が位置する堺市は、2020年3月の阪神高速大和川線の開通によって関西圏の東西南北の物流動線が確立され、物流適地として更なる発展が期待されるエリア。

最寄りの石津ICまで約3kmと高速道路へのアクセスに優れており、阪神高速湾岸線を活用することで交通渋滞が予測される大阪中心部を通らずに大阪府全域、さらには京都・神戸にもスムーズにアクセスすることが可能。

施設が立地するエリアは工場や倉庫が集中する堺臨海工業団地内にあるため、24時間のオペレーションが可能だ。

立地の優位性が評価され、関西・中部エリアを中心に拡大を続けている総合物流企業であるロンコ・ジャパン専用物流センターとしてこの施設が選ばれた。

施設は、ロンコ・ジャパンにとって、西日本地区での多機能物流を担う新たなフラッグシップ拠点として位置づけている。

この施設は梁下天井有効高6m、柱スパン10m以上、床荷重を平米あたり 1.5トン確保する機能性を有し、階層を2階建に抑えることで、搬送時の時間ロスの極小化に配慮し、スピーディーな入出荷オペレーションの実現を可能としている。

■施設概要
所在地:大阪府堺市西区築港新町二丁7-13
敷地面積:1万7837.83m2
延床面積:2万497.31m2
構造:鉄骨造、地上2階建
設計監理監修:日立建設設計
設計施工:新日鉄住金エンジニアリング
施主:ウェアハウス29合同会社
用途:BTS型物流倉庫(テナント:ロンコ・ジャパン)
着工:2018年1月5日
竣工:2018年8月31日(予定)

最新ニュース