テルモ/300億円投じ、カテーテル生産の新棟を建設

2017年12月13日 

テルモは12月13日、子会社のテルモ山口が本社工場にカテーテル関連製品を生産する新棟を建設すると発表した。

<完成予想図(左)屋上にテルモロゴの建物が3号棟>
完成予想図(左)屋上にテルモロゴの建物が3号棟

竣工は2019年度を予定。新棟建設と生産設備導入に関する投資金額は約300億円で、今後、新たに700人を採用予定。

テルモ山口は、カテーテル手術で血管内の道筋を確保するガイドワイヤーと呼ばれる製品を生産している。

3号棟として新たな生産棟を建設し、生産するガイドワイヤーの品目数を増やすとともに、増産も図る。延床面積は現在ガイドワイヤーを生産する1号棟の約3倍である5万m2。

■新棟(3号棟)概要
生産品目:カテーテル関連製品
構造:鉄骨造5階建
スケジュール:2018年6月着工、2019年10月竣工、2021年4月稼働

最新ニュース