東急不動産/物流施設開発を加速、全国で6プロジェクトに着手

2017年12月08日 

東急不動産は12月8日、物流施設開発で新たに6プロジェクトに着手したと発表した。

<物流物件一覧>
物流物件一覧

<LOGI’Q枚方>
LOGI'Q枚方

<LOGI’Q白岡>
LOGI'Q白岡

また、物流施設のブランド名を「LOGI’Q(ロジック)」に決定し、現在大阪府枚方市と埼玉県白岡市で事業推進中の2物件について、「LOGI’Q枚方」、「LOGI’Q白岡」として展開するとしている。

東急不動産は、昨年度より物流施設開発事業に参入し、第1号案件「春日部物流センター」と第2号案件「(仮称)桑名プロジェクト」を推進しており、(仮称)桑名プロジェクトが11月に着工した。

埼玉県白岡市、埼玉県入間郡三芳町、千葉県松戸市(2物件)、大阪府枚方市、福岡県福岡市で6物件を新たに取得(開発型SPCへの出資を含む)し、物流施設の開発を加速する。

<(仮称)三芳物流センター(再建築予定)>
(仮称)三芳物流センター(再建築予定)

<ASKUL Logi PARK 福岡>
ASKUL Logi PARK 福岡

<(仮称)CPD松戸物流センター>
(仮称)CPD松戸物流センター

<(仮称)CPD松戸Ⅱ物流センター>
(仮称)CPD松戸Ⅱ物流センター

6物件の中では、新規開発だけではなく、既存物件の建替え事業も行う。アスクルから取得する物流施設2物件のうち、「アスクル Logi PARK 首都圏」については、総合ディベロッパーとしてオフィス・住宅・商業施設等にて培った開発ノウハウを生かし、建替え後も継続利用するアスクルのニーズに合わせた物流施設「(仮称)三芳物流センター」を建設予定。

今後も東急不動産は、物流効率化という社会ニーズに応えていくため、積極的に投資をしていくとしている。

<東急不動産の取得物件(6物件)>
東急不動産の取得物件(6物件)

<事業推進中物件2物件>
事業推進中物件2物件

<春日部物流センター>
春日部物流センター

<(仮称)桑名プロジェクト>
(仮称)桑名プロジェクト

■概要
LOGI’Q枚方
所在地:大阪府枚方市茄子作南土地区画整理事業地内
敷地面積:約1838坪
延床面積:約3700坪
構造:地上4階建て
設計/施工H&K建築事務所/未定
竣工:2019年3月(予定)

LOGI’Q白岡
所在地:埼玉県白岡市篠津字立野834-3
敷地面積:約6551坪
延床面積:約1万3000坪
構造:地上4階建て
設計/施工:未定
竣工:2019年夏(予定)  

(仮称)三芳物流センタ―(再建築予定)
所在地:埼玉県入間郡三芳町上富1163
敷地面積:約1万5675坪
延床面積:約2万1815坪(予定)
構造:地上3階建て(予定)
設計/施工:未定
竣工:2019年冬(予定)

ASKUL Logi PARK 福岡
所在地:福岡県福岡市東区みなと香椎2-25-12
敷地面積:約7533坪
延床面積:約1万6000坪
構造:地上4階建て
竣工:2015年8月(竣工済み)

(仮称)CPD松戸物流センター
所在地:千葉県松戸市稔台6-3-3
敷地面積:約2100坪
延床面積:約4300坪
構造:地上4階建て
設計/施工:鈴与建設
竣工:2018年9月(予定)

(仮称)CPD松戸II物流センター
所在地:千葉県松戸市稔台5-13-3
敷地面積:約2400坪
延床面積:約4800坪
構造:地上4階建て
設計/施工:未定
竣工:2019年春(予定)

最新ニュース