丸一鋼管/フィリピンに鋼管製造拠点を設立、敷地2.9万m2

2017年12月07日 

丸一鋼管は12月7日、豊田通商グループとフィリピンのマニラ郊外に、共同出資による二輪・自動車用鋼管の製造子会社を設立すると発表した。

丸一鋼管と豊田通商グループは、日系二輪・自動車関連メーカーが集中するマニラ郊外に、共同で現地法人を設立し、鋼管製造を行う新工場を建設することにしたもの。

フィリピンはここ数年 ASEAN 地区で最も高い経済成長を維持し、国民所得の上昇にともない二輪・自動車の需要も急激に増え、すでに進出している日系二輪・自動車関連企業の鋼管需要も今後増えていくと期待されいる。

丸一鋼管と豊田通商は、日本国内及び世界4か国(中国・ベトナム・インド・メキシコ)で二輪・自動車用鋼管の製造販売を共同で行っている。

その豊富な経験と、現地でさまざまな事業を展開している豊田通商グループの知見を活かし、高品質の鋼管を現地生産し、ユーザーの原材料現地調達ニーズに応えていく。

■新会社の概要
会社名:Maruichi Philippines Steel Tube Inc. (MPST)
所在地:フィリピン共和国パタンガス州リパ市 LIMA 工業団地内
出資者:丸一鋼管70%、豊田通商グループ30%
資本金:約15.6億円
設立:2018年3月予定
事業内容:二輪・自動車部品メーカー向け鋼管の製造販売
工場敷地面積:約2.9万m2
工場建屋面積:約8000m2
設備概要:造管機1台、切断機ほか
稼働予定:2019年春ごろ

最新ニュース