物流博物館/物流博物館映画上映会を開催

2017年12月06日 

物流博物館は所蔵する昭和20年代~50年代の物流に関する映画フィルムのデジタル化作業を進め、これまでに約100本に及ぶ記録映像のデジタル化を完了したが、これを記念して、その中からテーマごとに作品を選び、近年の作品もあわせて上映会を行うことになり、12月17日に開催する。

<海と陸をむすぶ>
海と陸をむすぶ

第6回目となるテーマは「海と陸と」。上映作品は3作品。

「海と陸をむすぶ」1960年/カラー・ワイド/30分/(製作:電通映画社)/企画・製作:日本通運 内容:日本通運の海運業務を紹介したPR映画。日本各地の中心的な港を取材した大作。

「600トンフローティング・クレーン」
1964年/カラー/9分/製作:東京テレビ映画/企画:日本通運 内容:600トンの吊り上げ能力を誇った、当時世界最大といわれたフローティング・クレーン「日本号」(日本通運所有)の初仕事を紹介した作品。

「晴海埠頭倉庫」1965年/カラー/34分/製作:輸送経済新聞社/企画:日本通運 内容:1965年3月に東京港・晴海埠頭に完成した東洋一の近代倉庫、日本通運・晴海埠頭倉庫を紹介した作品。同倉庫の役割は、首都東京にそれまで間接的だった海上輸送を直結させた点に意義があった。

月ごとに上映作品を変え、3月まで毎月1回の上映会を開催する。

■概要
日時:2017年12月17日(日)
第1回:10時30分~12時00分/第2回:13時00分~14時30分
第3回:15時00分~16時30分 ※上記作品を1日3回上映。
場所:物流博物館 港区高輪4-7-15
TEL:03‐3280‐1616
(品川駅高輪口徒歩7分・カトリック高輪教会となり)
定員:各回30名(事前申し込み不要)
料金:無料 要別途入館料。高校生以上200円・65歳以上100円・中学生以下無料

最新ニュース