国交省/先進船舶導入計画策定で、6件の調査事業を支援決定

2017年12月05日 

国土交通省は12月5日、先進船舶の研究開発・製造・導入に係る計画策定のための調査事業に関して、6件の事業について支援を決定した。

対象内容は、船舶・舶用機器のインターネット化(IoT)・ビッグデータを活用した安全性・効率性の高い船舶「IoT活用船」や液化天然ガス等の環境に優しい代替燃料に対応した「代替燃料船」。

<先進船舶導入等計画策定調査支援事業一覧>                        
MTI、京浜ドック:タグボートの遠隔操船支援システムに関する研究の調査事業
京浜ドック:低環境負荷船(LNG燃料船)に関する建造計画策定の為の調査事業
ダイハツディーゼル:機関管理のIoT化に係る研究開発計画策定のための調査事業
ダイハツディーゼル:ガス燃料船に係る研究開発計画策定のための調査事業
浪速ポンプ製作所、MTI、イーグルブルグマンジャパン:船舶用ポンプ状態診断に関する研究開発計画策定のための調査事業
三菱重工業:液化石油ガス(LPG)燃料に関する導入等計画策定のための調査事業

最新ニュース