ダイドードリンコ/国内飲料の物流基盤構築で澁澤倉庫と合弁会社設立

2017年12月05日 

ダイドードリンコは12月5日、澁澤倉庫と合弁会社の設立を前提とした合弁契約を締結した。

同社は、国内飲料事業に関連する最適な物流基盤を構築することを目的に、澁澤倉庫との共同出資により、物流事業を行う合弁会社を設立する。

澁澤倉庫の物流事業に関するノウハウやそれぞれの有する経営資源を融合することで、物流を取り巻く環境の変化に対する解決を図ると共に、シナジー効果を発揮して、各々の企業価値の最大化を目指す。

ダイドードリンコでは、従来、7社10か所の物流拠点で外部委託しており、合弁会社は物流体制の効率化を進める計画で、当面10名ほどで事業運営する考え。

■合弁会社の概要
名称:ダイドー・シブサワ・グループロジスティクス
所在地:大阪市北区中之島2-2-7
代表者:取締役社長 神田 純一
事業内容:貨物利用運送事業
資本金:2500万円
決算期:3月
出資比率:澁澤倉庫51%、ダイドードリンコ49%

最新ニュース