NTTデータ/シンガポールの貿易プラットフォームへの接続実証実験開始

2017年12月05日 

NTTデータと三菱東京UFJ銀行は12月5日、NTTデータの「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤」とシンガポールの貿易プラットフォームであるNTP(NationalTradePlatform)との接続に向けた実証実験を開始する。

<実証実験の概要>
実証実験の概要

実証実験では、クロスボーダー取引における安全性、効率性、透明性を高めるための課題を特定し、解決策を検討する。

国や地域の経済連携協定など、各所で自由貿易実現への取り組みが推進される現在、クロスボーダーの貿易取引においては、貿易事業者や金融機関等の関係者間で数十もの文書が主に紙やメールでやり取りされている。

しかし、貨物の到着に書類が間に合わない等の事象を起こす可能性があるため、貿易取引の関係者間で、さらなる貿易文書の効率化、スピード化が課題となっている。

シンガポールはSmartNationというデジタルエコノミーを推進する計画を掲げ、特に貿易金融の領域についてはシンガポール金融管理局(MonetaryAuthorityofSingapore:MAS)が中心となって進めている。

シンガポールは、香港をはじめとする他の国々と接続していくことを目指して、貿易プラットフォーム(NTP)を再構築している。

NTTデータでは、日本における貿易文書のブロックチェーンによる電子化推進のリーディングカンパニーとして、貿易関係者である銀行・保険・総合物流・船会社・輸出入者等の各業界を代表する国内13社とともに、「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム(以下、コンソーシアム)」を発足し、活動を進めている。

三菱東京UFJ銀行は、シンガポールのNTPワーキンググループとNTTデータが主導するコンソーシアムの両プラットフォームに参加する金融機関として、顧客利便性の向上と金融業界全体の発展に資する両プラットフォームの橋渡しを行い、あわせて実験への参加を決めた。

実証実験では、NTTデータと三菱東京UFJ銀行は、NTPプロジェクトオフィスの協力の下、NTTデータの進めるブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤のプロトタイプとNTPのAPIによる接続を試み、クロスボーダー取引における安全性、効率性、透明性を高めるために必要な課題を特定し、解決策を検討する。

クロスボーダー取引の効率化と透明性を向上させることに加え、より大きな範囲で貿易やサプライチェーンを接続する電子化基盤の構築に向け寄与する。

最新ニュース