相模屋食料/日本ビーンズの豆腐製造事業を譲受

2017年12月05日 

相模屋食料は12月1日、新たに子会社を設立し、日本ビーンズの豆腐製造事業を譲受した。

日本ビーンズの再建のため、同社から相模屋へ豆腐・大豆加工食品製造に係る事業譲渡の申し入れがあり、関係者間で協議を行い、豆腐・大豆加工食品製造事業を譲り受けることで合意した。

相模屋の支援ノウハウとしてビジネスモデルの転換を図り、日本ビーンズの豆腐・大豆加工食品製造事業の収益性改善を進める。

相模屋は100%出資の子会社を新規に設立し、日本ビーンズの豆腐製造事業を譲り受け、日本ビーンズの豆腐製造業務を引き継ぎ、社名の変更と所在地の変更はない。

■新会社(譲受会社)の概要
社名:日本ビーンズ
所在地:東京都中央区日本橋小網町17-2
代表者:代表取締役社長 鳥越 淳司
設立年月日:2017年10月
資本金:1,000万円
事業内容:大豆加工食品(豆腐・油揚げ・厚揚げ等)製造および販売
株主:相模屋食料100%

最新ニュース