GLP/GLP座間、2017年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞

2017年12月04日 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は12月4日、「GLP座間」の開発により、このたび「2017年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞したと発表した。

<とかしきなおみ環境副大臣(左)より表彰状を授与された帖佐社長>
とかしきなおみ環境副大臣(左)より表彰状を授与された帖佐社長

「GLP座間」は、広大な敷地内に緑地を積極的に取り入れて、CO2排出削減になる構造部材の採用や広大な屋根面積を活かした太陽光発電設備の設置を行うとともに、全館LED照明の採用、井水・雨水の中水利用などより設備システムの高効率化を図り、CO2換算にて年間合計3867トンの削減効果を達成した。

加えて米国グリーンビルディング協会による環境性能評価システム(LEED認証)では、最高レベル「LEEDプラチナ」を取得している。今回の「対策技術先進導入部門」での受賞はこうした地球温暖化対策に対する取り組みが評価されたもの。

この表彰制度は、環境省が1998年度から地球温暖化対策推進の一環として、毎年、地球温暖化防止月間である12月に、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人または団体に対し、その功績をたたえるため、地球温暖化防止活動環境大臣表彰を行っている。

最新ニュース