自律&無人搬送車両システム市場/倉庫と製造のオートメーション化が牽引

2017年12月01日 

ARCは11月30日、市場調査報告書「自律&無人搬送車両システムの世界市場調査報告書」を発表した。

自律&無人搬送車両システムの導入状況は、業種別にかなり違い、屋内で使用される、AGV(Automated Guided Vehicle:無人搬送車)、AMR(Autonomous Mobile Robots:自律移動ロボット)、荷物移送関連機器、誘導路、データ通信、車両管理システムを対象としている。

初期導入段階にある多くの産業やアプリケーションがあり、そこではAGVの有用性が認識されている。うまく行っている市場分野は、倉庫管理、配送、製品製造、工場内物流。

報告書では、様々な地域や産業がいかに困難に立ち向かっているかを分析し、そのような困難な状況下でも伸びている市場分野についてのデータを提供している。

自律&無人搬送車両システム市場は、移行期にある。技術は産業界や一般大衆に受け入れられつつある。この状況が続くにつれ、市場は急速に伸び全世界に広がるとARCは見ている。

成長分野や市場動向と同時に、非常に細分化された市場状況下でビジネスを拡大するうえでサプライヤが直面する課題についても特定している。数量的分析に加え、将来の市場に影響を及ぼすと思われる課題についての深い分析も提供している。

最新ニュース