丸紅/タイで廃棄物焼却・発電プラント着工

2017年12月01日 

丸紅は11月30日、WChonburi Clean Energy 社(以下:CCE)と、廃棄物焼却・発電プラント建設について、一括建設請負契約を締結し、建設に着手したと発表した。

<建設予定地>
建設予定地

タイ国政府が推進する、産業廃棄物を燃料とした電力固定価格買取制度(以下:FIT制度)に基づき、CCEが廃棄物発電事業者として、タイ南東部のHemaraj Chonburi工業団地内に発電容量8.63MWの廃棄物焼却・発電プラントを建設するもの。

丸紅が設計、機器調達から土木・据付工事、試運転までを手掛け、2019年末に商業運転の開始を予定している。

ストーカ式焼却炉・ボイラー・排ガス処理設備は、JFEエンジニアリングから調達する予定。

最新ニュース