上組/東京港中央防波堤外側ふ頭に新コンテナターミナル営業開始

2017年12月01日 

上組は12月1日、東京港中央防波堤外側ふ頭(Y1)で、新たに「上組東京コンテナターミナルY1」の営業を開始した。

<ガントリークレーン>
ガントリークレーン

新設のコンテナターミナルは、今年10月に竣工し、同社が東京港埠頭より借受けたもので、水深11m、延長230mの岸壁の背後地に99,321m2のコンテナヤードを有している。

<ターミナル全景>

現在稼働中の上組東京コンテナターミナル(中央防波堤内側)と比較し、蔵置能力が約2倍(面積換算)に向上するとともに、コンテナ搬入ゲートの増設やコンテナ搬入時の自動受付システムの導入など各種IT設備の充実により、各利用者様の利便性の向上を図る。

なお、現在稼働中の上組東京コンテナターミナルは、順次新ターミナルへの移動作業を進め、今後は新たな業容拡大に向けた有効活用を図る。

<コンテナターミナル位置図>
コンテナターミナル位置図

■上組東京コンテナターミナルY1(東京港中央防波堤外側ふ頭)の概要
所在地:東京都江東区青海三丁目地先
面積:11.6ha
岸壁:水深11m、延長230m
荷役機器:16列対応・中折れ式ガントリークレーン3基
トランスファークレーン8機

■問い合わせ
上組
東京支店      
TEL:03-5440-0818

最新ニュース