六甲バター/236億円投じ、神戸市西区に新工場建設

2017年11月30日 

六甲バターは11月30日、新しい基幹工場を神戸市西区に建設すると発表した。

着工は11月、生産開始は2019年3月、移転完了は2020年5月の予定。

新工場では生産ラインの最適配置と最新生産設備導入、情報の集中管理と高水準の品質管理体制、工場内物流のオートメーション化により、生産能力、品質管理、効率性の飛躍的な向上に取り組む。

また新工場の特徴としては、新製品開発、研究を行う技術開発研究所の併設、建屋内の増設スペースに加えて将来の拡張増築にも対応できる建屋設計、環境に配慮した省エネ建屋構造のほか、工場見学施設を整備し、地域の顧客に安全安心の製品作りを見て頂ける工場となる予定。

この新工場稼働により、顧客へなお一層の安全安心な製品の提供と、新しい製品・技術の追求を行うとともに、市場競争力の強化に取り組んでいく。

なお稲美工場の生産ライン、および技術開発研究所は新工場へ移転する予定だが、一部の生産ラインについては稲美工場で継続して稼働をする予定。

六甲バターは現在、生産拠点として稲美工場、長野工場の2か所を保有しているが、近年堅調に推移するプロセスチーズ市場への対応によって、現有2工場の生産が逼迫している状況であり、早急な生産能力の増強が課題となっている。

また基幹工場である稲美工場については、初期に建設した建屋が約50年を経過していることもあり、建屋と設備の老朽化、およびレイアウトの非効率化が課題となっている。

これらの課題を解決するため、稲美工場に替わる新しい基幹工場を神戸市西区に建設することにしたもの。

■新工場の概要
名称:六甲バター(株) 神戸工場
所在地:神戸市西区見津が丘6丁目7番1
(神戸テクノ・ロジスティックパーク内)
敷地面積:5万1540.94m2
延床面積:4万7394m2
投資額:約236億円(土地除く建物・設備)
生産能力:約4万トン/年
従業員数:約500人(予定)
資金計画:自己資金および借入金より充当(予定)
生産品目:プロセスチーズなど
設計・施工:清水建設

最新ニュース