UPS/日本で計1440時間以上のボランティア活動

2017年11月30日 

UPSは11月30日、10月に開催した「グローバル・ボランティア月間」の一環として、日本では273人の社員とその家族が計1440時間以上のボランティア活動を行ったと発表した。

<関西国際空港内の UPS ハブ施設でUPS社員にDWSシステムの説明を受ける「こどもの里」の子ども達>
関西国際空港内の UPS ハブ施設でUPS社員にDWSシステムの説明を受ける「こどもの里」の子ども達

<NPO法人「荒川クリーンエイド・フォーラム」主催の「トビハゼ救援クリーンエイド」で荒川のゴミ拾いをするUPS社員と家族>
NPO法人「荒川クリーンエイド・フォーラム」主催の「トビハゼ救援クリーンエイド」で荒川のゴミ拾いをするUPS社員と家族

今年は特に地域の子ども達を支援するNPO団体との協力や環境保全活動に注力した。

日本での主な活動は難しい環境に置かれた子ども達に経済面、教育面、心のケアなど幅広い支援を行う NPO 法人「こどもの里」の子ども達10名を招待し、関西国際空港内にある UPS の貨物仕分け施設などの見学ツアーを実施。

「荒川クリーンエイド・フォーラム」、「海をつくる会」、「隅田川流域クリーンキャンペーン実行委員会」、「愛知県都市整備協会」、「三井ボランティアネットワーク事業団」と協力し、首都圏、愛知県、広島県で海岸や河川、公園の清掃を実施した。

小児がん等の難病治療のために、地方や海外から大都市の病院に来ている子どもと介護する家族に滞在施設を提供する NPO 法人「ファミリーハウス」の支援活動として、UPS 社員から不要になったTシャツを集めて雑巾を作り寄付したほか、施設の清掃活動に協力するなど、全部で7つの活動を行った。

UPS ジャパンの梅野正人社長は「グローバル・ボランティア月間に代表されるような社会奉仕活動の精神は UPSに根付いた企業文化の一つ。UPSの社員が地域の子ども達の支援や交流、自然環境の保全を目的としたボランティア活動への従事を通じて、より力強くレジリエントな社会づくりに貢献できた事を誇らしく思う」と述べている。

最新ニュース