日本発条/84億円投じ、長野県に半導体製造装置部品の生産工場を建設

2017年11月24日 

ニッパツ(日本発条)は11月24日、長野県上伊那郡宮田村に半導体製造装置部品の生産工場を建設すると発表した。

神奈川県の伊勢原工場にて半導体製造装置用の部品を製造・販売しているが、需要拡大に伴い受注が大きく増加しており、生産能力増強のため新工場を建設する。

投資額は84億円で、工場の延床面積は10,947m2、12月の着工し、2019年1月完成、同年4月稼働を予定している。

なお、今後の状況により2期工事として追加投資(40~50億円程度)も検討している。

新工場の概要
名称:産機事業本部 接合・セラミック部 宮田工場
所在地:長野県上伊那郡宮田村5352-6
完成後生産能力:伊勢原工場と同等

最新ニュース