マツダ/スクラムトラックを一部改良

2017年11月22日 

マツダは11月22日、マツダ スクラムトラックを一部商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて本日より発売する。

<マツダ スクラムトラック>

一部商品改良では、安全性や、車室内の使いやすさを向上させた。また、「KX」に5速マニュアルトラスミッション(5MT)車を追加した。

安全性向上では、助手席SRSエアバッグ、助手席シートベルトプリテンショナー、4W-ABSを全機種で標準装備。

車室内の使いやすさ向上では、グローブボックスの大型化、アクセサリーソケットを全機種で標準装備、CDプレーヤー(AM/FMラジオ付)を2DINサイズへ変更(KXのみ)した。

KCエアコン・パワステ(660 DOHC VVT)2WD5MTで84万4560円(税込)から。

最新ニュース