PAL/ロジテックファンド活用、Logi-Tech企業とオープンな協力体制構築

2017年11月20日 

PALは11月20日、物流セクターへ新たな技術導入に取り組むLogi-Tech企業と一緒に共同開発や実証実験に取り組み、また、ロジテックファンドを活用し、導入促進を後押ししていくオープンな協力体制を築いていくと発表した。

PALは、物流センター内のオペレーションを軸に、人とロボティクスが協調し高い生産性を確保できるセンター運営を目指し、さまざまな技術・サービス導入に取り組んでおり、既に、物流不動産開発会社並びに通信キャリアと、ロボティクスの導入を前提とした次世代物流センター構築の取り組みをスタートしている。

また、先端技術を有するLogi-Tech企業との共同開発や、製造現場で培われた技術の物流センターへの転用のための実証実験等にも積極的に取り組んでいる。

物流現場での省人化への取り組みが本格的に始まろうとしている中、物流セクターの生産性向上に更に役立てるよう、PALでは、新たな技術開発に取り組むさまざまなLogi-Tech企業と、チャレンジングなテーマを一緒に取り組み、導入を促進していくオープンな協力体制を構築していく、としている。

また、先月には、物流センター内のロボティクス導入を促進・支援していくための「ロジテックファンド」を設立しており、ファンドの取り組みも通じ、物流セクターの生産性向上に資する技術力を有したLogi-Tech企業との共同開発、導入促進に取り組み、物流セクターへテクノロジーをインストールしていく機能を担う。

国内外問わず、欧米と中国tech企業を含めた技術選定を協議しており、物流センターの生産性向上に向けた取り組みを促進して行く。

最新ニュース