ヤマト運輸/ECサイトで、荷物受取りの場所・時間変更機能が利用可能に

2017年11月20日 

ヤマト運輸は11月20日、クロネコメンバーズのサービスとEC事業者のサービスを連携し、ECで商品を購入したクロネコメンバーズの顧客が、EC事業者のサイトやアプリ内で、荷物を受け取る場所や時間を変更できる機能を提供するため、APIの公開を開始した。

APIとは自身のソフトウェアを一部公開して、他のソフトウェアと機能を共有できるようにした。

API連携によって「荷物を受け取る場所や時間を変更する機能」が利用できる。クロネコメンバーズの顧客は、クロネコIDと「airCloset」を連携すると、商品を購入したECサイト内で荷物を受け取る場所や時間を変更することができるようになる。

また、「クロネコメンバーズに簡単に登録できる機能」が利用可能。クロネコメンバーズに登録していない顧客でも、ECサイト側の登録情報を引用することで、簡単に利用を開始できるようになる。

これにより、EC事業者は、自社のサイトやアプリ内に、クロネコメンバーズの機能を実装できるようになることで利便性が向上し、集客力の向上が見込める。また、配送に係る問い合わせの減少が見込めるため、バックヤード業務の軽減が図れる。

ユーザーには、商品を購入したECサイトなどで受取場所や時間の変更ができるので、購入から受け取りまでがスムーズになり、快適なEコマースでの買い物体験が実現するメリットがある。

ヤマト運輸はこれまで、顧客のさまざまな受け取りニーズに対応するため、荷物を受け取れる拠点の整備を進めてきた。また、お届け予定日時の事前通知やお届け時に不在だった場合の通知をEメールなどでお知らせする機能を提供し、お届け日時や場所を簡単に変更できるようになった。一方、受け取る場所や時間を変更するためには、ヤマト運輸のWEBサイトやアプリなどを利用しなければならず、多くの顧客から、ECサイト内で完結してほしいという要望があったもの。

なお、11月20日より初めて導入したのは、エアークローゼットが運営するファッションレンタルサービス「airCloset」。

最新ニュース