三菱ふそう/118億円投じ、本社と生産設備を統合

2017年11月15日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、神奈川県川崎市大倉町の川崎工場第一敷地に新たに約118億円の投資を行うと発表した。

<2018年末、完成予定の新社屋「プロダクト・センター」完成予想図>
2018年末、完成予定の新社屋「プロダクト・センター」完成予想図

川崎地区3拠点に分かれている事業を川崎工場第一敷地に集約し、本社、研究開発および設計機能を収容する「プロダクト・センター」を新たに建設する。

同時に、工場内の既存設備の大規模リニューアルを行う。これにより、業務の効率化を図るとともに、従業員の働く環境を改善する。

新社屋の建設を含む大規模工事は“Campus+(キャンパス プラス)”と呼ぶプロジェクトの一環。同プロジェクトは三菱ふそうが一役を担うダイムラー・トラック・アジア(DTA)の成長戦略である「DTA ONE」の活動のひとつ。

こProduct(製品)、Process(プロセス)、People(人材)の3つの柱から成り立ち、“Campus+”はProcess(プロセス)とPeople(人材)に焦点をあてた活動。

「プロダクト・センター」は最先端の設備を備えた5階建て社屋で、オフィス空間の床面積は1万792m2となる。

今月下旬から建設を始め、2018年末完成を予定している。その他、第一敷地内では従業員の業務効率向上のため既存設備のリニューアルが進められており、既に約5300m2が完了している。

MFTBCはまた、川崎工場第一敷地の生産設備の拡張と近代化に多額の投資を続けている。

今年2月には、開発と生産機能の一部を担っていた神奈川県川崎市西加瀬の川崎工場第二敷地の売却契約を締結し、2019年までに全施設を第一敷地に移管をすべくプロジェクトを進めている。第二敷地の生産工程は第一敷地に建設する新工場に移管予定で、2018年末の生産開始を計画している。

新工場では「Factory of the Future(未来の工場)」のイニシアティブの下で、オートメーション、ロボティックスとITシステムに対し、インダストリー4.0への対応に向けて投資する。

工場内の自動搬送機、次世代オートメーション、生産従事者を支援する作業ロボットの導入、および工場内外の全ての物流を管理するITシステムが含まれる。2

2018年までに24億円を投資し、生産効率を向上することで年間13億円のコスト削減を目指す。

最新ニュース