ニッコンHD/日本陸送と資本業務提携、事業の競争力強化図る

2017年11月15日 

ニッコンホールディングスは11月10日、日本陸送が行う第三者割当増資を引受け、同社株式の33.3%を取得し、同社との間で資本業務提携を行うと発表した。

日本陸送とニッコンHDが保有する保管・輸配送・納車整備等事業のノウハウを共有し、各種サービスの品質安全性の向上と効率を追求する事による売り上げ増への寄与に加え、双方の経営資源の活用による事業機会の拡大など、シナジー効果が見込まれる事から、両社の企業価値の向上を図る目的として、日本陸送が行う第三者割当増資を引受け、資本業務提携を行い、双方の強みを活かしていく。

資本提携の内容は、ニッコンHDは日本陸送が行う第三者割当増資を引受け、同社が2017年12月1日に新たに発行する普通株式2万株を引き受ける。株式取得日は12月1日を予定。

業務提携の内容は、ニッコンHD創業時の主力事業である四輪完成車事業において、保管・輸配送・納車整備等事業に関する品質・安全レベルを高める為に、両社のノウハウを共有し、事業の競争力強化を図る。

また、ニッコンHDが国内各エリアで行う四輪完成車事業で、事業効率を高めるために、両社のノウハウと経営資源を最大活用することにより事業の競争力強化を図る。

■資本業務提携の相手先の概要
名称:日本陸送
所在地:群馬県太田市清原町 2-6
事業内容:陸送業、陸運業、貨物自動車運送事業、貨物利用運送事業他
資本金:4000万円(2017年5月31日現在)
設立年月日:1965年7月13日
発行済株式数:4万株(2017年5月31日現在)
決算期:5月31日
売上高:34億700万円(2017年5月期)
営業利益:1200万円(2017年5月期)
従業員数:222人 正社員数(2017年5月31日現在)

最新ニュース