国交省/関係団体に対し車輪脱落事故防止で確認徹底を指示

2017年11月14日 

国土交通省は11月14日、大型自動車の車輪脱落事故防止のため、関係団体に対してタイヤ交換時の適切な作業や日頃の点検での確実な確認を徹底するよう指示した。

関係団体に対して大型自動車等の車輪脱落を防ぐため、タイヤ交換と日頃の点検において次の4点を徹底するよう要請した。

規定のトルクでの確実な締め付け、タイヤ交換後、50~100km 走行後の増し締め、日常(運行前)点検での確認、専用ボルトとナットの使用。

2016年度の大型自動車(車両総重量8トン以上のトラック又は乗車定員30人以上のバス)のホイール・ボルト折損等による車輪脱落事故の発生件数は56件(うち人身事故は3件)で、前年度に比べ 15件増加している。

特に、11月から3月に36 件(全体の約 64%)発生しており、大型自動車の車輪脱落事故は冬期に発生する傾向にあることから。

最新ニュース