京浜トラックターミナル/9.7万m2の物流施設100%成約、来年7月竣工

2017年11月14日 

日本自動車ターミナル(JMT)は11月14日、大田区平和島の京浜トラックターミナルで建設中の高機能型物流施設「ダイナベース」が来年7月竣工を前に、賃貸借予約契約の締結により100%成約となったと発表した。

<ダイナベース>
ダイナベース

ダイナベースに入居する企業は、医薬品卸売・調剤薬局・医薬品製造販売事業を展開する東邦ホールディングス他2社。

免震構造の採用や72時間対応の非常用自家発電設備等の優れた災害対応機能や、東京都の災害時広域輸送基地に指定されている京浜トラックターミナル内に位置する立地優位性、充実したアメニティ設備などが高く評価され、今回の成約となった。

日本自動車ターミナルは、「ダイナベース」に引き続き、大都市での物流戦略を実現する「メトロポリタン・ロジスティクス」をコンセプトに掲げ、「リードタイム」「レイバー」「キャリアリンク」「コンティニュイティ」の4つのアドバンテージを備えた都内4か所のトラックターミナルで、積極的な施設整備を展開する。

現在、葛西トラックターミナルでは、オーダーメイド型物流施設の建設に向けてパートナー企業を募集しており、また、2021年着工を目指して板橋トラックターミナルの全体再開発の計画を策定している。

■ダイナベースの概要
住所:東京都大田区平和島2-1-1京浜トラックターミナル内
建築面積:約2万m2
延床面積:約9万7000m2
構造:柱 PCa 梁S造 免震構造 地上5階建 ダブルランプウェイ
竣工予定:2018年7月

最新ニュース