大和ハウス、東急不動産/桑名市に15.8万m2の物流施設着工

2017年11月10日 

大和ハウス工業、東急不動産、日立キャピタル、ecoプロパティーズの4社は11月10日、三重県桑名市でマルチテナント型物流施設「(仮称)桑名プロジェクト」を着工した。

<(仮称)桑名プロジェクトのイメージ>
仮称)桑名プロジェクトのイメージ

<物件位置図>
物件位置図

(仮称)桑名プロジェクトは、4社の共同出資による特定目的会社「桑名開発特定目的会社」が開発する中部エリア最大級のマルチテナント型物流施設となる。

施設は、地上6階建てで、各階の倉庫スペースを区割りで利用できる。1区画は約4600m2から1フロア(2万6000m2)を一括で利用でき、最大20テナントが入居できる。

また、1階には低床式、上階には高床式のトラックバースを設け、各階へ大型車両が直接アクセス可能なダブルランプウェイを採用。

施設内には垂直搬送機を設置し、入居テナント企業が上・下階の複数フロアを利用することも可能。加えて、BCP対策として非常用発電機や井水設備も導入する。

さらに、この施設は三重県と桑名市協力のもと、400名以上の従業員を受け入れることを想定し、屋外と屋上あわせて430台の駐車場を完備した。

共用施設には売店や休憩スペース、シャワー室等を設置し、従業員の働きやすさにも配慮している。

■施設概要
プロジェクト名:(仮称)桑名プロジェクト
所在地:桑名市多度町力尾(工業団地テックベース桑名内)
敷地面積:7万253.35m2
延床面積:15万7911.68m2
構造:SRC+S造 地上6階建て
設計・施工:大和ハウス工業
竣工:2019年春

最新ニュース