SGHD/グループ社員向けシェア型住宅を新設

2017年11月09日 

SGホールディングスは11月9日、グループ社員向けのシェア型住宅を2018年12月、東京都江東区に新設すると発表した。

<外観イメージ>
外観イメージ

<佐川林業の木材を使用したエントランスイメージ>
佐川林業の木材を使用したエントランスイメージ

<2階の共用スペースイメージ>

入居者同士が交流できる共用スペースを設けたグループ社員向けシェア型社宅を新設することで、性別、年齢、国籍に関わらず、さまざまなバックグラウンドを持った社員の交流によるイノベーションの創造や、新卒社員など若手の人的ネットワークの構築を促進する。

また、子育て世帯などをバックアップするための住環境を整備する事で、公私ともに充実した生活をサポートしていくとしている。

施設2階の共用スペースには、キッチン&ダイニングやジム、キッズスペース等を設け、社員間のコミュニケーションの醸成及び健康増進を図る。また、エントランスや2階の共有スペースには、佐川林業の木材を使用することを想定しており、和の雰囲気と温かみで居住者を迎える。

なお、地域社会との共生及び活性化に貢献するため、地域の人々との交流イベントも企画・提案していく。

■物件と入居者の概要
施設名称:(仮称)SGHレジデンス東砂
所在地:東京都江東区東砂
住戸個数:42戸(単身者向け:34戸、ファミリー向け:8戸)
共用部:キッチン&ダイニング、ジムスペース、キッズスペース、シアタールーム、たたみスペース、スタディースペース
竣工:2018年12月
入居開始:2019年4月
入居対象者:SGホールディングスグループの正社員
(入居想定者)※新卒採用の社員※子育て世帯の社員

■施設コンセプト
多様性のある“WA”を育む Share House
和:日本文化「和」の理解が深まる
環:グローバルな「環」境の人が共存する
我:SGHの社員としての自「我」が生まれる
話:人と「話」すことでコミュニケーションが生まれる
輪:人と繋がることで「輪」が生まれる

最新ニュース