大和ハウス工業/アッカ・インターナショナルを孫会社化

2017年11月09日 

大和ハウス工業は11月9日、グループ会社のSCSホールディングス(SCS)を通じてアッカ・インターナショナル(アッカ)の発行済株式の全てを取得し、グループ会社(孫会社)とすると発表した。

大和ハウスグループは、物流施設開発事業を手がけており、全国各地に物流拠点を保有している。今回、eコマース分野に強みを持つアッカをグループ化することにより、ハード面だけでなく、ソフト面での強化を含めた次世代物流センターの構築実現を目的に、グループ会社であるSCSを通じて、株式取得を実行することにしたもの。

取得価額は非開示、株式譲渡実行日は11月30日を予定している。

SCSは、アッカとシナジーが見込まれる物流システム構築及び物流コンサルティングサービス等を提供しているフレームワークスを傘下に有している。

SCSが当事者となりアッカの株式を取得し、グループ会社とすることで、早期にグループのシナジーを最大化し、顧客のニーズを的確にとらえたサービスを提供する。

アッカは、アパレル業界向けのフルフィルメントサポート業務でノウハウを有しており、このノウハウをグループの顧客へ展開することにより、アパレル業界にとどまらない、更なる事業拡大が可能になる。

グループは、今後も成長が見込まれるeコマース分野でのフルフィルメントサポート事業を取り込み、他の物流ソフト機能を組み合わせた次世代物流センターを構築することで、物流施設提案能力のさらなる向上を図っていくとしている。

なお、11月15日、SCSホールディングスは、ダイワロジテックに社名を変更する。

物流領域においても労働力不足が深刻化する一方で、コンピュータ性能の向上によって得られたビッグデータを活用することにより、人工知能(AI)や人工知能を搭載したロボットの進化は目覚ましいものがある。

グループでは、これら最先端技術を物流領域に導入することで、効率化・自動化が可能な物流プラットフォームをトータルサービスで提供し、社会全般に貢献することを目指す。

■アッカの概要
名称:アッカ・インターナショナル
所在地:東京都港区東新橋2-11-4 汐留プラザビル4階
事業内容:eコマースサイトのフルフィルメントサポート事業
資本金:2000万円
設立年月日:2016年1月20日
株主:加藤 大和50.0%、加藤 奈里50.0%
2017年2月期の売上高20億2800万円、営業利益1000万円、経常利益1200万円、当期利益200万円

最新ニュース