太陽誘電/100億円投じ、新潟太陽誘電が新工場の第3号棟建設

2017年11月08日 

太陽誘電は11月8日、子会社の新潟太陽誘電が、新工場となる第3号棟を建設すると発表した。

<新潟太陽誘電>
新潟太陽誘電

新潟太陽誘電は、小型大容量積層セラミックコンデンサの生産拠点として 2007年に設立。ハイエンド商品を中心に生産体制の拡充を続け、2015年には第2号棟を建設した。

今後も、高機能化が進むスマートフォンなどのモバイル機器向けや電装化が進展する自動車向け、さらに産業機器、エネルギー、医療・ヘルスケアなどの市場において、積層セラミックコンデンサの需要は拡大し続けていくことが見込まれていること。さらに、中期的な成長戦略に基づき、将来のさらなる需要拡大に対応できる生産体制構築の一環として、新潟太陽誘電で第3号棟の建設を決定したもの。

■新潟太陽誘電第3号棟の概要
延床面積:約2万6000m2
建築面積:約1万5000m2
着工:2018年4月
竣工:2018年12月
投資予定額:約100億円

最新ニュース