物流最前線/【対談】 三井物産グローバルロジスティクス VS GLP

2017年10月31日 

GLP神戸西IIで新しいサービスを提供

松脇 新たに開発しているGLP神戸西ⅡはGLP神戸西と同じ神戸テクノ・ロジスティックパークに位置し、山陽自動車道の神戸西ICとも至近の位置にあります。高速へのアクセスはGLP神戸西同様非常に便利です。

 GLP神戸西Ⅱは、規模的にはGLP神戸西の倍程度になるのですね。

松脇 敷地面積は3万3400m2、延床面積7万1000m2のマルチテナント型です。特徴的なのは、1階を将来冷凍冷蔵倉庫へ対応可能な仕様としていることです。さらに、大型シーリング・ファン(ビッグアスファン)を設置する予定です。これは、斜め状の羽根が45°放射かつ渦巻き状の気流を創出するもので、対流により、広く高い空間全体に風の流れを作り出します。この風の流れで体感温度を効果的に低下させます。

 御社の物流施設を含め先進的物流施設はどんどん進化していますね。我々も、以前は原材料が中心の物流でしたが、ここのところはアパレル等の衣料品や健康食品が中心となっています。日本国内での衣料品・健康食品の消費量は数量換算で50億点水準と言われていますが、当社はその中の約15%シェアを扱っており、この分野での取扱量に関しては日本国内では一番の物流会社だと社員一同自負しています。今後は、アジアを中心に海外展開を加速させる計画の下、メイド・イン・ジャパン品質を徹底・浸透させるサービス作りを行っていくつもりです。この業界でプロフェッショナルになるには、常に新しいソリューション提案を続けていくことが必要です。そのために物流施設が進化することはありがたいことです。

松脇 物流事業者が常にソリューション提案することと同様に、我々デベロッパーも常に新しいサービスを提供していかなければなりません。進化を深化につなげていきます。GLP神戸西Ⅱでも、すでに行っている什器売買サポートを展開します。物流機器中古品売買サイト「マテバンク」の運営会社のハイペリオン社と独占的業務提携をし、什器の売買を特別価格で提供する取り組みをしております。また人材派遣会社との提携も行い、ソフト面でのサポートにも力を入れております。

 面白い取り組みですね。弊社も今後物量が増えるに従い、新たな物流施設が必要となってきます。現在は神戸中心ですが、今後大阪や関西方面も視野に入れており、その節はこれまで築き上げてきた信頼関係でお付き合いできればと考えています。

松脇 我々もお客様のご要望に沿った先進的物流施設の開発に全力で応えていきたいと思っています。本日は誠にありがとうございました。

<対談後、固く握手をする坂執行役員(右)、松脇部長(左)>
対談後、固く握手をする坂執行役員(右)、松脇部長(左)

■プロフィール
三井物産グローバルロジスティクス
執行役員 坂 宜暁
出身地:大阪府
職歴 :1982年 伊藤萬(現 日鉄住金物産)入社
財務部門・国内繊維部門を経験
:1992年 日東倉庫(現 三井物産グローバルロジスティクス)入社
:2002年 物流企画部長
:2014年 執行役員 本店営業部長
:2016年 執行役員 西日本事業本部長 兼 営業推進副本部長 CO(現)

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ
事業開発部 部長 松脇 隆
出身地:広島県
職歴 :1994年 生駒商事(現CBRE)入社
物流不動産仲介業務に従事
:2004年 日本レップ(現グッドマン)に入社
:2008年 取締役営業部長
:2010年 グローバル・ロジスティック・プロパティーズ入社
:2017年 事業開発部長(現)

■GLP神戸Ⅱ概要
建設地:兵庫県神戸市西区見津が丘6丁目7-2
アクセス:山陽自動車道「神戸西」IC付近
神戸電鉄粟生線「木津」駅より約1.5㎞
地域:工業専用地域
容積率:200%
建ぺい率:60%
敷地面積:3万4000m2
延床面積:7万1000m2
建物構造/概要:耐震構造、地上4階
竣工予定:2018年1月予定

■詳しくはこちら

<前へ 1 2 3 4 5

最新ニュース