日華化学/鹿島工場二期工事を実施、関東工場の閉鎖は延期

2017年10月27日 

日華化学は10月27日、鹿島工場二期工事の実施と関東工場の閉鎖を延期すると発表した。

付加価値の高い特殊樹脂等を中心とした化学品新規事業の販売拡大に対応するため、国内生産体制を確立するとともに、関東工場の一部生産機能を統合・集約し、合理化・
効率化することを目的に、鹿島工場二期工事を実施する。

また、関東工場における設備でのみ生産可能な製品の受注量増に対応するために、関東工場の閉鎖を2020年以降とする。

■鹿島工場二期工事概要
所在地:茨城県神栖市
建築面積:3850m2
延べ床面積:6190m2
内容 第2工場建屋等建設
   一般界面活性剤及び特殊樹脂等製造設備の設置
取得額:約36億円
ただし、金額については変動の可能性
資金計画:自己資金及び借入金等により充当
工事着工:2018年4月(予定)
工事竣工:2019年6月頃(予定)
稼動:2019年7月頃(予定)

■関東工場の概要
所在地:千葉県旭市
土地面積:約3万2000m2
生産能力:約3000トン/年
設立年:1970年
生産品目:繊維加工用薬剤等 及び その原料
帳簿価額:1億5000万円 (建物、設備、土地等合計)
閉鎖予定:2020年度以降

最新ニュース