マンハッタン・アソシエイツ/米国スイムウェア大手が「Active Omni」採用

2017年10月26日 

マンハッタン・アソシエイツ(MANH)は10月26日、スイムウェアとリゾートウェアを販売する米国の大手企業 Everything But Water社が、 魅力溢れるシームレスなオムニチャネル体験を顧客に提供するため、MANHの最新ソリューションを採用したと発表した。

米国オーランドに本拠を置く Everything But Water社では、受注処理を集中管理するとともに、全米で展開する100以上の店舗ネットワークをフル活用した各店舗からの商品供給を可能にするため、 Manhattan Active Omni の導入を進めている。

Manhattan Active Omniは、オーダー管理とストア・フルフィルメントのアプリケーションを、次世代のPOS(point of sale)やクライエンテリング機能と同期させ、1つのプラットフォームとして統合できる世界初のソリューション。

今後、Everything But Waterの店舗スタッフは、顧客に関する情報を360度ビューで俯瞰し、流通ネットワーク上のすべての在庫へのアクセスを行うことで、顧客に「どこでも購入でき、どこででも受け取れる」パーソナライズされたサービスを提供することが可能になる。

また、Everything But Waterでは、Manhattan Active Omniの導入に引き続き、倉庫管理の効率化と物流センターの完全自動化を目指し、さらにManhattan SCALE の採用を決定した。

最新ニュース