日本郵船/シンガポール海事港湾庁主催のプログラムで支援先が優勝

2017年10月25日 

日本郵船は10月25日、グループのNYK Group South Asia(NGSA社)とSymphony Creative Solutions (SCS社)が支援したスタートアップ企業が、6月に始まったシンガポール海事港湾庁主催のプログラムSmart Port Challenge 2017(SPC 2017)で優勝したと発表した。

NGSA社とSCS社は「船舶の入出港に関わる業務の自動化」を課題として設定し、SPC 2017にエントリーしたスタートアップ企業81社の中から、RPA技術を有する企業を支援先として選出した。

課題に対応するソリューション構築をメンターとして支援した結果、9月末に行われた最終選考では、ファイナリスト12社の中から海事産業とベンチャーキャピタルの有識者らの審査で、2社による支援先が最も高い評価を得た。

グループは、今後もイノベーションを促進し、先進的なソリューション開発を通じて海運・物流業界に新しい価値を提供していくとしている。

最新ニュース