大塚倉庫、日本ケミファ/医薬品の共同物流を西日本エリアで開始

2017年10月23日 

大塚倉庫と日本ケミファは10月23日、西日本エリアの物流における業務提携に至ったと発表した。

ジェネリック医薬品業界の課題に対する解決のアプローチとして、大塚グループの共通プラットフォーム、さらにデータやITを活用した庫内ナビゲーションや配車支援システム等を活用することで、物量の増加に伴う保管スペースの確保と、積載効率を向上しトラック台数の削減を実現することによる配送車両の確保を可能とするもの。

日本ケミファは、この提携で従来の埼玉県春日部市にある物流センターに加えて、兵庫県神戸市の西日本に2拠点目の物流センターを確保した。

災害リスクへの対応や、四国・九州地区への配送時間の大幅短縮などが可能となり、安定供給体制のさらなる強化が実現された。

ジェネリック医薬品業界においては、政府の使用促進策による需要増に伴って物流量が大幅に増加しており、この状況に対応する保管スペースや配送車の確保が必要となっている。

医薬品全般において、国内では近く「GDPガイドライン」が発出されることになっており、医薬品の保管や輸送段階での品質管理についてもさらなる厳格化が求められることから、品質を確保しつつ安定供給を担保する効率的な物流体制の構築が大きな課題となっていた。

最新ニュース