佐川急便/三重県と包括連携協定を締結

2017年10月20日 

佐川急便と三重県は10月20日、三重県の地域活性化と県民サービスの向上を目的とした地域活性化等包括連携協定を締結した。

<(左)鈴木 英敬三重県知事、(右)佐川急便 内田 浩幸取締役>

協定の締結を契機に、三重県と佐川急便は、県民への多様なサービスの創出や地域の活性化、社会的課題の解決・改善などに取り組んでいく。

主な協定内容は、産業・観光の振興、防災・減災と暮らしの安全・安心、スポーツの推進、少子化対策の推進、ダイバーシティの推進、働き方改革、地域福祉の推進、環境保全の推進、その他地域社会の活性化および県民サービスの向上に関しての8項目。

このうち、産業・観光の振興では、SGホールディングスグループ社販サイトでの三重県産品・観光情報の取扱いとPR、佐川急便施設での三重県フェアの実施(観光・物産展の開催、社食での県産食材を
活用したメニューの提供)、バス等との貨客混載事業の推進を挙げている。

また、防災・減災と暮らしの安全・安心では、災害時における救援物資・資機材等の輸送、保管、配送等への協力、交通安全にかかる啓発イベントの実施、県事業への協力、道路損傷等の通報を行う。

最新ニュース