京セラ/56億円投じ、鹿児島国分工場に新工場建設

2017年10月18日 

京セラは10月18日、ファインセラミック部品関連事業の更なる拡大、および他事業の将来的な設備増設を見据えた生産スペースの確保を目的として、鹿児島国分工場に新たに第4-1工場を建設すると発表した。

<第4-1工場完成予想図>
第4-1工場完成予想図

第4-1工場は、2018年10月より半導体 ・ 液晶製造装置用のファインセラミック部品の生産を開始し、同製品の生産能力を従来の約2倍にする計画。

現在、IoTの普及に伴うビッグデータ、AIの活用など、高度情報化社会の到来により、データ処理の高速化や大容量化が求められている。

データセンターなどでは、従来の記憶媒体であるHDD(ハードディスクドライブ)から、より高速のSSD(ソリッドステートドライブ)などの半導体メモリへの移行が進んでおり、その半導体素子を製造する装置の需要が急速に高まっている。

FPD(フラットパネルディスプレイ)の市場では、スマートフォンやテレビに高精細な有機ELを採用する動きが拡大しており、FPD製造装置の需要が増加している。

京セラでは、これら旺盛な市場要求に対応することで、ファインセラミック事業の強化をはかるとともに、鹿児島県の経済活性化や新たな雇用機会の創出による地域社会の発展に貢献していくとしている。

■新工場の概要
所在地:鹿児島県霧島市国分山下町1-1(既存敷地内)
投資総額:約56億円
建築面積:5561.88m2(鉄骨、6階建)
延床面積:2万9232.18m2 
着工:2017年11月
操業:2018年10月
生産品目:半導体・液晶製造装置用ファインセラミック部品
生産計画:約30億円(初年度:2018年10月~2019年3月)

最新ニュース