山九/えひめ国体フェンシングで成年男子エペ種目で大石利樹選手が優勝

2017年10月17日 

山九は10月17日、社員の大石利樹選手と大石栞菜選手が、えひめ国体のフェンシング競技(1チーム 3人の団体戦)に大分県選抜として出場し、成年男子エペ種目優勝、成年男女フルーレ種目4位入賞となったと発表した。

<大石利樹選手>
大石利樹選手

<大石栞菜選手>
大石栞菜選手

<大石選手姉弟>
大石選手姉弟

フェンシング競技は10月1日から10月4日までに4日間の日程で行われ、大石利樹は成年男子フルーレ・エペ種目に出場し、男子フルーレで4位入賞、男子エペで優勝、大石栞菜(かんな)は成年女子フルーレ・サーブル種目に出場し、女子フルーレ4位入賞となった。両選手の貢献もあり、大分県選抜は競技別総合成績で2位を獲得した。

今後も山九グループは、挑戦し続けるトップアスリートを支援するとともに、従業員一体となって応援していく。

最新ニュース