GLP/soucoと物流施設賃貸借の基本契約締結

2017年10月16日 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は10月16日、物流施設スペースのマッチングサービスを提供するsoucoとGLPが運営する施設の賃貸借に関する包括的な基本契約を締結したと発表した。

GLPでは、主に大型の先進的物流施設の開発を行っているため、テナント企業も長期且つ大規模スペースの賃貸借ニーズが多い中、一時的に小規模スペースが空きになるケースもあり、そのようなスペースの活用方法として今年初めよりsoucoと協議を重ねた結果、契約に至った。

小規模スペースでもGLPの施設を賃貸借したいというテナントニーズや施設内の既存テナントからの一時的なスペースニーズに応えることも可能となる。

具体的には、GLPの運営する物流施設で空きスペースが出た場合、soucoが運営するインターネット上のプラットフォームにその情報を登録し、ユーザー側がsoucoに申し込む仕組み。

ユーザー側は165m2以上から1か月単位で賃貸が可能で、GLP側はユーザーが確定した時点でsoucoとの賃貸契約が成立することになる。soucoのプラットフォームは10月16日より業務を開始した。

最新ニュース