JMU/大型フェリー「さんふらわあ さっぽろ」引渡し

2017年10月13日 

ジャパンマリンユナイテッド(JMU)は10月13日、横浜市磯子区新杉田町の横浜事業所磯子工場で建造していた商船三井フェリー向け大型フェリー「さんふらわあ さっぽろ」を引渡した。

<さんふらわあ さっぽろ>
さんふらわあ さっぽろ

2017年4月に引渡をし、茨城県大洗~北海道苫小牧航路に就航している「さんふらわあ ふらの」の姉妹船で、旅客590名、大型トラック約160台、乗用車約100台を同時に運ぶことができる。

最適船型を開発するとともに、二重反転プロペラを始めとしたJMUのGHG(温室効果ガス)削減技術を折込み、優れた燃費性能のフェリーを実現した。

推進方式にエンジンとモータの2種類の駆動源を有すハイブリッド推進システムを採用することで、航海中燃費性能と港内操船性能という大型フェリーに重要な性能の両立も図っている。

■概要
全長:199.70m
型幅:27.20m
航海速力:24ノット
総トン数:13,816

最新ニュース