SBSロジコム/(仮称)大阪南港物流センターを12月1日に着工

2017年10月12日 

SBSロジコムは10月11日、大阪市住之江区南港南2丁目の土地約2万5000m2で2019年1月末竣工を目指して「(仮称)大阪南港物流センター」の建設工事プロジェクトを開始した。

<(仮称)大阪南港物流センターパース>
(仮称)大阪南港物流センターパース

SBSロジコムは、3PL事業の重要な成長戦略のひとつとして、物流施設の自社開発を行っている。

「(仮称)大阪南港物流センター」の敷地は、大阪市港湾局が実施した入札にて落札、2014年11月に取得した。投資総額は、土地代を含め約100億円となる。

この物件では、竣工と同時にSBSロジコムが受託した3PL業務を稼働する予定。ニュートラム「フェリーターミナル」駅徒歩5分、阪神高速4号湾岸線「南港中IC」、「南港南IC」から車で約4~6分の場所に位置しており、物流のみならず従業員の通勤にも便利。

物件が竣工することにより、SBSロジコムでは関西圏はもとより全国規模の要望に対して、柔軟性の高い3PLサービスの提案が可能になる。SBSロジコムは、今後もさまざまな物流課題の解決を通じて、顧客の事業の発展に貢献していくとしている。

■概要
名称:SBSロジコム「(仮称)大阪南港物流センター」
建設地:大阪市住之江区南港南2-19-1
敷地面積:2万4858.58m2
建築面積:1万6768.60m2
延床面積:6万1274.66m2
構造規模:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)地上4階
主な仕様:全館 LED 照明、150KVA 非常用発電機、外壁と屋根に金属断熱パネル・ダブル折板採用、太陽光発電設備
着工:2017年12月1日
竣工予定:2019年1月末
設計施工:大和ハウス工業

最新ニュース