日野/小型トラック「日野デュトロ ハイブリッド」、ワイドキャブ車を改良

2017年10月10日 

日野自動車は10月10日、小型トラック「日野デュトロ ハイブリッド」のワイドキャブ車を改良して燃費を向上させ、11月1日から発売すると発表した。

<日野デュトロ ハイブリッド TSG-XKU710M-TQVMC>
日野デュトロ ハイブリッド TSG-XKU710M-TQVMC

改良では、変速機を従来の5速AMT(機械式自動変速機)に替えて新型6速AMTとし、ハイブリッドシステムの制御を改善することで燃費を従来車の12.2km/Lから13.2km/Lへ大幅に向上させた。

今回新たに、発進時のモーター走行や変速時のモーターアシストの追加等、モーターの稼働領域を拡大することでハイブリッド車らしい走行フィーリングを実現するとともに、ドライバビリティも向上させている。

PCSのレーダーで先行車を検知し、車間距離に応じて最適なハイブリッド制御を行う。

発売する「日野デュトロ ハイブリッド」ワイドキャブ車は2015年燃費基準+15%を達成しており、エコカー減税の対象となり取得税、重量税ともに免税となる。

日野デュトロ ハイブリッドTSG-XKU710M-TQVMC(N04C-UL110kW(150PS)Pro Shift 6、最大積載量2.0トンで価格は561万6540円(消費税込み)。

年間販売目標台数は、日野デュトロシリーズ全体で2万6300台。

最新ニュース