セイコーエプソン/160億円投じ、長野県塩尻市に新棟建設

2017年10月06日 

セイコーエプソンは10月5日、長野県塩尻市の広丘事業所に約160億円を投資し、商業・産業用大型印刷機の試作・量産工場とデジタル捺染のテストラボ機能を備えた新棟(イノベーションセンターB棟)を建設すると発表した。

<イノベーションセンターB棟の完成予想図>
イノベーションセンターB棟の完成予想図

イノベーションセンターB棟は延床面積約3万7650m2、1階を工場とテストラボエリア、2~3階をオフィスエリアとする3階構造を予定している。

2018年夏季に着工し、2019年度末の稼働を計画し、商業・産業印刷分野での研究開発力・生産技術を強化するとともに、関連部門をオフィスエリアに集約することで業務の効率化を図る。

なお、イノベーションセンターB棟に先立ち着工した最先端の「PrecisionCore(プレシジョンコア)」プリントヘッドを生産する新工場は、2018年度上期の竣工を予定している。

■イノベーションセンターB棟の概要
投資金額:約160億円
稼働時期:2019年度末
延床面積:約3万7650m2
建築構造:鉄骨3階建て

最新ニュース