明治/30億円投じ、国内2工場でアイス製造ライン増強

2017年10月06日 

明治は10月6日、国内の2工場で、「明治 エッセルスーパーカップ」・「明治 エッセルスーパーカップ Sweet’s 苺ショートケーキ」の製造ラインを増強すると発表した。

投資額は約30億円で、対象工場は、群馬工場(群馬県伊勢崎市長沼町)と関西アイスクリーム工場(大阪府貝塚市二色南町)で、各工場に1ライン新設する。

生産開始時期は、群馬工場が11月中旬、関西アイスクリーム工場が2018年1月上旬。

昨年12月に発売した「明治 エッセルスーパーカップ Sweet’s 苺ショートケーキ」は、当初の販売計画を大きく上回り、十分な供給ができず、一時販売を休止した。

アイスクリーム市場は年々伸長しており、昨年度は4939億円と前年比6%増と好調に推移している。

今後もアイスクリーム市場は成長が見込まれることから、主力ブランドである「明治 エッセルスーパーカップ」シリーズの製造ラインを増強を決めた。

最新ニュース