スターゼン食品/30億円投じ、新工場建設

2017年10月05日 

スターゼン食品は10月5日、福島県本宮市に新工場を建設すると発表した。

外食・中食を中心に主力加工食品であるハンバーグの需要開拓を進め、販売量が拡大する中、自社工場での製造に加え、外部協力工場への製造委託を行い供給してきたが、更なる生産能力の増強を目的に新工場を建設する。

初期投資額は30億円で、土地面積1万m2、延床3100m2の規模。12月着工、来年10月稼働の予定。

■新工場の概要
名称:スターゼン食品 本宮工場
所在地:福島県本宮市荒井字恵向121-16(青木食品敷地内)
工場規模
土地面積:10,732m2
延床面積:3,117m2(鉄骨造平屋建て)
生産品目:焼成ハンバーグ
生産能力:350t/月間

最新ニュース