郵船ロジ/西武ライオンズによるマレーシアに野球用具寄付で無償輸送

2017年10月05日 

郵船ロジスティクスは10月5日、埼玉西武ライオンズが実施する野球用具寄付プロジェクト「LIONS BASEBALL FOR THE WORLD」を支援し、マレーシアの子供たちへ野球用具を無償輸送すると発表した。

<出発セレモニー、右から西武ライオンズの居郷肇社長、マレーシア野球連盟 アユビ氏、郵船ロジスティクスの木村敏行常務>
出発セレモニー、右から西武ライオンズの居郷肇社長、マレーシア野球連盟 アユビ氏、郵船ロジスティクスの木村敏行常務

9月24日にメットライフドームでマレーシアへ向けての出発セレモニーが行われ、西武ライオンズの代表取締役社長の居郷肇氏から、マレーシア野球連盟のアユビ氏、郵船ロジスティクスの木村敏行常務に用具が手渡された。

預かった野球用具は郵船ロジスティクスとマレーシア現地法人TASCO BERHADが一貫輸送を実施し、マレーシア野球連盟のご協力のもと、現地の子どもたちに届ける。

西武ライオンズは野球振興のため海外へ野球用具を寄付するプロジェクトを2013年から実施している。

過去4回の実施では、ミクロネシア連邦、フィリピン、カンボジア王国へ合計約2万点の野球用具が寄付され、各国での野球振興に役立っている。

郵船ロジスティクスは、3年連続で、プロジェクトをサポートする。

今回は現地で日本人がナショナルチームの監督を務め、野球の普及・新興のために活発に取り組んでいるマレーシアに決まり、現地の子供たちに野球用具を届ける。

今年もメットライフドームや県営大宮球場で7月から9月に開催された試合で、ファンや選手から寄付された野球用具と同球団が寄付したボールの合計4349点が集まった。

最新ニュース